kaz_blog

 

マシンおしゃか。

HD先日、事務所の古いMacがおしゃかになってしまった。
もう、10年近く使ったのだからまあ、大往生だろう。
ぼくらは、なんやかんや言うたかて、このMacという
コンピューターが無いと、何もできないのである。
今、使ってるマシンは何代目だ。
たぶん、6代目くらいかな?

ということで今の事務所に引っ越す前から使ってたマシンなので
それなりに感慨深いものがあった。
しかし、相手はすでにモノ言わぬもの。
このようなコンピュータ系のものを捨てるには
有料なのだが、ウチの事務所には代理店が間に
入っているので、無料でひきとってくれた。
中のデータは、万が一流出したらアレなので
HDだけを取り出してもらった(写真)。

左が10年近く使ってたもの。
右が外付けHD。

比べてみればわかるが外付けHDは(昔のなので)数十MB。
左は、数十GIGAのHD。
回路の煩雑さの違いだけを見てもどちらのほうが
マシンとしてのキャパシティがあるか、一目瞭然だ。

しかし。
この「回路」。
こんな小さな回路で、全てのことを記憶したり
消去したりできていると思うとほんまにすごい。

これを考えた人がすごい、と単純におもう。
いや、我々凡人からすると、「すごい」というひと言で
片付けられないが、「すごい」としかいいようがない。
他に言葉が見つからない!

Macが1台、おしゃかになったので残るは1台になってしまった。
有事の際のことを考えて、もう1台サブマシンを買わんといかんなー・・・
有事のあとでは、まさに後の祭りである。

コメント

  1. お後がよろしいようで(笑)

    いや、よろしくない、よろしくない。

    投稿者:デイジー

    リンク | 10月 13th, 2011 at 7:22 PM