kaz_blog

 

Original Album Classics

allman

長年、洋楽を聴いている。
長年と書けば長いように思われるが、かなり長い。
どれくらい長いかというと、
ほんとうはかなり長いではなく、ものすごーく長い。
そして洋楽といえば、輸入盤である。
コアな洋楽ファンはいわゆる一般に購入できる
国内盤といわれる日本語表記のモノはあまり買わない。
となると外資系の輸入盤屋さんに脚を運ぶのであるが、
このタワーレコードやHMVなどの外資系のお店が
最近少なくなってきている。

まあ、理由は様々あるのだろうが、
ひとつにはいまのこの時代、実際にお店まで行ってCDを買う人の
絶対数が少なくなっているからであろう。
これは別にCDに限ったことではないが、
いかに手間ひまかけずにモノを買うか、ということに
重きを置いているひともたくさんいるわけで。
そうなると、インターネットでの購入ということになる。
おウチに居ながら買えてしまうのであるから便利に決まっている。
そういった理由が多くを占め、売り上げがあがらず、
店の規模縮小や、採算に合わない店舗は閉店に
追い込まれているのである。
音楽ファンとしては本当に寂しいことである。

そういうぼくもずっと店舗派で直接、品物を手にとって
買うのが好きであったのだが、
もう、この年齢になると欲しいCDが限られてくる。
この欲しいCDが、なかなかお店に売っていない、
したがってどうしてもウェブ内展開している外資系の
ショップで探し、商品がゲット(死語)できればそのまま買ってしまう。

恐らくこういう音楽ファンはたくさんいると思う。
店舗に行くのは好きで全然苦にならないのだが
欲しい、商品がないとなるとどうしても脚が遠のいてしまう。
脚が遠のくと、来客数が減る、さらに店に置くCDの種類も数も減少する、
この悪循環であるような気がする。

そのようなぼくが今、熱い視線を寄せているCDがある。
それが「Original Album Classics」というシリーズである。
このシリーズの凄いところは、ロック、ジャズ、フュージョン、ソウルなど
あらゆるジャンルのアーティスト達のオリジナルアルバムを
3枚ないし、5枚のセットをボックス化しているだけでなく
1枚1枚をスリップケースに納め、スリム化に成功しているところである。
ボックスセットと、言えば、分厚く場所をとるのが悩みのタネだが
このシリーズはコレクター魂をもくすぐるものである。
もちろん国内盤ではなく輸入盤。
しかも、かなりの数のアーティストが出ていて
どれを買うか、多すぎて迷ってしまう。さらに価格が安いとくればなおさらだろう。
とりあえず、オールマンブラザーズバンドを買っておくことにした。
リイシューだから、リマスターされている可能性も大だし。

しかし、5枚で2,345円て・・・
そら国内盤は売れないわな・・